脂肪肝とは

脂肪肝とは

最近、テレビや雑誌などでメタボリック症候群という言葉をよく見聞きしますが、脂肪肝という言葉を知っていますか?
食事から摂取した脂肪は、脂肪酸という物質に分解されて肝臓に送られます。
よって、食事で脂肪を多く摂取することで、大量の脂肪酸が肝臓に送られてしまうのです。
そして、脂肪酸は中性脂肪を作り出し、それが肝臓内に蓄積されてしまうので、脂肪肝になりやすくなるのです。
一般的には、健康な肝臓でも、3〜5%の脂肪は蓄積されていると言われ、5%を超えると脂肪肝と判断されてしまいます。
よく医師が、「フォアグラのような肝臓になっている」と表現することがありますよね。
最近では、若年層の人でも、脂肪肝になっているケースが増えているようです。
脂肪肝は、基本的に生命に直接かかわる大きな病気として扱われていません。
しかし、放置しておくと、肝硬変や肝炎になる可能性もあるようですから注意しましょう。
アルコールの摂取過多や糖尿病、高血圧などの生活習慣病が、脂肪肝の主な原因と言われています。
中には、アルコールを摂取しない人でも、脂肪肝になって慢性肝炎を引き起こすケースもあるようです。
脂肪肝には自覚症状が出ないので、健康診断を定期的に受けるようにして、超音波検査や血液検査で肝臓のチェックを行いましょう。
脂肪肝の進行によって、胸焼けや全身の倦怠感などの肝臓病の症状が出るようになります。