肝硬変の主な症状

肝硬変の主な症状

肝機能の低下などによって肝硬変を発症するおそれがあると言われていますが、具体的にどのような症状が出るのでしょうか?
肝硬変は、主に以下のような症状が出ると言われています。
・倦怠感
・疲労感
・顔色が黒くなる
・肝臓の痛み
・食欲不振
・体重減少
・下痢
・腹痛
・出血しやすい
肝硬変を発症すると、常に倦怠感や疲労感を感じるようになり、食欲もなくなるため体重が減ると言われています。
また、下痢や腹痛などの症状も出ますが、これらの症状は見逃されやすいようです。
そして、メラニン色素の増殖によって顔色が黒くなったり、肝臓に痛みが出たり、歯茎や鼻から出血しやすくなります。
これらの症状があらわれた場合には、肝硬変を疑ってみてください。
早めに対処することで進行を抑えることができるので、放置せずに異変を感じたらすぐに病院で適切な治療を受けましょう。

肝硬変予防には、禁酒や生活習慣の見直しが必要不可欠です。