肝機能向上に必要な栄養素

肝機能向上に必要な栄養素

肝臓は、私たちが生きていく上でとても重要な働きをしています。
主に、栄養素の合成と分解、栄養素の代謝がスムーズに行われるようにするなどの作用があります。
また、グリコーゲンを貯蔵し、血糖をコントロール作用もあります。
さらに、解毒作用もあります。
胆汁・血液成分を生成する作用もあると言われています。
そして、これらの作用は、肝細胞にある数百種類の酵素により行われているのです。
肝細胞内の酵素の働きを支えながら肝臓を守っているのが、亜鉛やセレン、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルとビタミン類、
必須アミノ酸などの栄養素です。
必須アミノ酸には、イソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニルアラニン・
ヒスチジンの9種類があり、体内では合成できないため普段の食事から摂取することが大切です。
これらの栄養素を含んでいて、肝機能を高める食材にはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、肉や魚、大豆、卵、乳製品などが挙げられます。
特に、牛肉のレバーは良いと言われていますが、これらの食材には、良質なタンパク質が含まれています。
また、ウコンも肝臓に有効なことで知られています。
ウコンは、主にサプリメントで補給するとよいでしょう。
そのほかにも、ゴマに含まれるゴマリグナン、イカやタコに含まれるタウリンなども肝機能向上に役立ちます。

これらの食材と一緒に、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれている野菜や果物、海草、キノコ類も積極的に摂取することをおすすめします。
肝機能の改善には、必要な栄養素の摂取が欠かせませんから、栄養バランスの整った食事を心がけるようにしましょう。