肝臓の血液検査

肝臓の血液検査

肝臓の健康状態は、血液検査によって知ることができます。
血液検査で使用されている代表的な数値には、以下のようなものがあります。
・ALT(GPT) 
・AST(GOT) 
・γ−GTP
肝臓に特化した酵素を数値化したALTは、5〜45U/Lが基準値だと言われています。
この数値を超えると、肝炎や肝硬変、肝臓がん、心筋梗塞、アルコール性肝障害、脂肪肝などの疑いがあり注意が必要です。
肝臓、心臓、筋肉などに含まれる酵素を数値化したASTの基準値は、10〜40U/Lです。
基準値をオーバーしていると、心筋梗塞、肝炎、肝硬変、脂肪肝、肝臓がん、アルコール性肝炎などのリスクが高まります。
γ−GTPは、解毒作用と関係している酵素を数値化したものだと言われています。
基準値は、50U/L以下となっており、基準値を超えるとアルコール性肝障害、急性肝炎、肝臓がんなどの疑いがあります。
飲酒の習慣がある人は、γ−GTPの基準値を超えやすいと言われているので注意しましょう。
これらの数値をそのまま放置してしまうと、様々な病気を引き起こすおそれがあるので、医師と相談して適した治療を受けましょう。